obi siffon(帯シフォン)2本使い、ターコイズ&ブラック

2020年5月21日 14時16分

オリジナルブランドobi siffon(刺繍の兵児帯)のターコイズとブラックの2本を使ってコーディネートしてみました。

30102g30105f

ビビットな色と、シックな色とを組み合わせれば、どんな感じになるのか興味深いです。

デニム調のカジュアルな着物と合わせた画像をご覧ください。

≪前から見た画像≫         ≪後ろから見た画像≫

30107 30107a

≪前帯≫

30107c

ターコイズを表、裏をブラックにして締めました。黒が斜めに出るように、少し裏を折り返して、リバーシブル帯のようにオシャレができます。

色の組み合わせを考えると、どんな感じなるか想像できませんでしたが、全く違和感ないですし、逆にオシャレで新鮮です。

≪後ろ≫

30107b

ご覧のように、両端にある鳳凰のはねのような模様の刺繍を、太鼓の上に重ねて並るように垂らしています。

30107e

30107f

30107d

今回合わせた着物がターコイズを使ってあるので、前帯をターコイズメインにしましたが、着物の色によっては、ブラックをメインにしても粋ですね。

全7色あり、全て揃えると幾通りもの組み合わせが楽しめます。

obi siffonは、単品、2本セット、3本セットなどもご用意しております。

ショールームに常設しておりますので、実際に生地質など確かめたいという方は、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

obi siffon(帯シフォン)2本使い、ブラック&オフホワイト

12時04分

京都wabitasオリジナルブランド刺繍の帯:obi siffon(兵児帯)のブラックとオフホワイトの2本を使ったコーディネートをご紹介致します。

30105e30106e

白と黒のモノクロな2本の組み合わせが、とてもオシャレな帯に変わります。

≪ブラックと1本の画像≫     ≪オフホワイト1本の画像≫

3010530106

IMG_831230106a

夜色のブラックと昼色の明るいホワイトという全く逆の2色で締めると、こんな風に変わるんです。

≪真正面と真後ろから見た画像≫

3011130111a

≪前から見た画像:真正面≫

30111i

少し折り返して、黒に白のラインが斜めに入り、帯締め・帯揚げのように、コーディネートしています。

≪右斜め前≫

30111h

≪左斜め前≫

30111e

前板は大きなものをご使用して頂くと、扱いやすいです。

≪やや右後ろから見た画像≫

30111k

今回は刺繍(両端)の部分を右側に出して垂らしています。帯2本の両端(4枚)が重なっているので、凄く素敵です。

30111j

≪やや左後ろから見た画像≫

30111o

刺繍が右側に垂れているということは、反対の左側はこのように、巻きになって、重なった角出しになっている感じです。

30111l

≪右横からの画像≫

30111c

このように、2本使いになるとボリューム感もあり、兵児帯を締めているという風には見えず、高級感すら感じますね。

この兵児帯とは思えないクオリティが、obi siffonの最大の魅力でもあります。

全7色ありますので、全て揃えると何百通りの組み合わせが楽しめます。

obi siffonは、単品、2本セット、3本セットなどもご用意しております。

ショールームに常設しておりますので、実際に生地質など確かめたいという方は、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

IMG_0407

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

obi siffon(帯シフォン)2本使い、ブラック&ワインレッド

8時56分

京都wabitasオリジナルブランド刺繍の兵児帯:obi siffonは、締め方・結び方・コーディネートなど、魅せ方が無限にある魅力溢れる帯です。

ここでご紹介するのは、2本を使うことで、見え方が更にオシャレになるということです。

ブラックとワインレッドの2本の帯を使ったコーディネートを、ご紹介いたします。

30105e 30100e

異なる色を組み合わせることにより、前帯の見え方も、よりオシャレに見せることができます。

≪前からみた画像:ワインレッド1本ならこんな感じ≫

IMG_8036

≪前からみた画像:ワインレッドにもう1本ブラックと組み合わせると≫

 

30108g

 

如何でしょう、帯締めが入ったように、更に素敵な前帯になりました。

30108

そして、後ろから見る刺繍はどんな感じに変化するか楽しみです。

まずはワインレッド1本使いの画像をご覧ください。

30100a

 

この刺繍の帯は1本でも十分魅力溢れる帯なのですが、2本使いなら更に素敵な見せ方ができます。

≪ワインレッド&ブラックの2本使い:真後ろからの画像≫

30108a

 

右にブラックを角出しのように刺繍を出してます

 

30108e

30108b

左にワインレッドを出して、刺繍を垂らしてみました。

30108d

30108c

左右に魅せ方が異なり素敵なコーディネートが楽しめます。

横からみるとこんな感じです。

30108f

兵児帯とは思えないクオリティが、obi siffonの最大の魅力です。

全7色あるので、全て揃えれば何百通りの組み合わせができることになります。

obi siffonは、単品、2本セット、3本セットなどもご用意しております。

ショールームに常設しておりますので、実際に生地質など確かめたいという方は、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

IMG_0406

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

 

 

obi siffon(帯シフォン)ライトブルー

2020年5月20日 16時06分

京都wabitas(ワビタス)オリジナルブランドobi siffon(刺繍兵児帯)の、優しくて綺麗なライトブルーです。

30104h

この優しくて透明感ある綺麗な色の帯を、着物に合わせてみましたので、コーディネートの参考にして頂ければと思います。

3010430104a

(着物は紬を染めた小紋を、単衣に仕立てたものです)

≪前から見た画像≫

30104e

何重か巻いた生地を、画像のように折り返すことで、帯締めナシでも素敵に締められます。

≪真後ろから見た画像≫

30104q

今回はタレが二つに分かれるようにして、刺繍は重なるように太鼓に乗せて結んでみました。

30104f

≪右後ろから見た画像≫

30104g

≪やや左後ろから見た画像≫

30104c

≪横から見た画像≫

30104d

透明感あり優しいライトブルーは、どことなく涼し気でもあり、エレガントでもあります。

あわせる着物や浴衣も、暖色・寒色共に優しい色が合いそうです。

刺繍の光沢感がとても素敵なので、いろいろ結び方を自由にアレンジして頂けいて、魅力溢れるコーディネートができるように、おすすめ致します。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都(ワビタス)

 

obi siffon(帯シフォン)ラベンダー

15時29分

オリジナルブランドの帯【obi siffon】の、明るくて綺麗なラベンダーカラーです。

30103e

30103f

さらりとしてフワフワした東レのオーガンジーの生地に、端兵児のように刺繍を両端に施した、刺繍の帯です。

そんなobi siffonを、小紋の着物にあわせてコーディネートしてみました。

30103 30103a

(着物は最高級小千谷紬《玉糸紬》の摺り友禅小紋の、特選着物を単衣に仕立てたものです)

≪前からの画像≫

30103de

白地の上品でおしゃれな小紋に、ラベンダーカラーがピッタリの、素敵なコーディネートができました。

≪後ろからの画像:アップ≫

30103c

光沢ある刺繍が、おしゃれな着物をエレガントに魅せます。

≪後ろからの画像:正面≫

30103h

今回は両端の刺繍が並んで太鼓に乗るような形に結んでみました。

≪斜め下から見た画像≫

30103f

≪右後ろ側からの画像≫

30103b

≪左後ろ側からの画像≫

30103g

≪左側の横から見た画像≫

30103d

どの角度から見ても、この小紋の着物とsiffon(シフォン)とのコーディネートは、バッチリという感じです。

着物をカジュアルに着て、気軽なお出かけに、obi siffonは重宝しそうです。

自分だけのオリジナルな結び方を、是非とも考案して頂ければと思います。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

obi siffon(帯シフォン)オフホワイト

13時56分

刺繍の帯(兵児帯)obi siffonの上品なオフホワイトカラーを、夏着物に合わせてコーディネートしてみました。

(着物は本麻近江ちぢみです)

≪前からの画像≫

30106a

少し折り返して、帯締め帯揚げナシで、おしゃれに魅せられます。

30106e

≪後ろからの画像≫

30106

孔雀の羽根のように刺繍した端を、タレの部分にして太鼓はリボン風にしてみました。

30106fIMG_8366

≪右後ろ側からの画像≫

30106d

≪右後ろ側からの画像≫

30106c

≪横からの画像≫

30106h

真っ白ではなく、クリームでもない、オフホワイトな色が上品に着物にマッチしています。

一番おとなしい色なのに、一番映えて見える素敵な帯です。

浴衣に合わせても素敵なこと間違いなしですし、単衣の着物や紬の着物などにもあいそうです。

この帯なら、もっと他の結び方を考えて着こなしてみたいですね。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

obi siffon(帯シフォン)ベージュ

11時58分

オリジナル刺繍の帯:obi siffon(シフォン)のベージュです

30101f

シックな色にエレガントな刺繍が素敵な、オーガンジー素材の兵児帯です。

30101g

このベージュの帯を、紬の着物(小紋)に合わせてコーディネートしてみました。前・左右から横・後ろなど、角度を変え撮ってみました。

≪前からの画像≫

30101

30101e

≪右斜め後ろからの画像≫

30101a

片方の端(刺繍)を太鼓に乗せて、もう片方は右に垂らすように結んでみました。

30101c

≪左斜め後ろからの画像≫

30101b

左右に見え方が異なるオシャレが楽しめる結び方です。

30101d

≪右横からの画像≫

30101f

着物は特選小千谷紬をローケツ染した、特選紬の高級小紋です。

このように今までの兵児帯とは違い、高級キモノにも合わせてお使い頂きたく、ご提案いたします。

自分なりの結びアレンジで、自分だけのおしゃれを創造して頂ける帯です。

着物をもっと気軽に、簡単に着こなして頂けるオリジナルブランドobi siffon(シフォン)を、宜しくお願い致します。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

 

 

obi siffon(帯シフォン)ターコイズ

11時02分

オリジナル刺繍の帯:obi siffon(シフォン)のターコイズカラーです。

30102e

鮮やかなターコイズグリーンの東レオーガンジーの生地に、刺繍も綺麗に光沢を放ちおしゃれで可愛い帯です。

30102g

オーガンジーの生地が袋状になって、シフォンの名の通りフワフワとして、軽くて楽な帯です。

そんなobi siffonを、着物に合わせて色々な角度から撮りましたので、コーディネート着姿を参考にして頂ければと思います。

3010230102a

今回はデニム調で単衣用の麻着物にコーディネートしてみました。

≪前からの画像≫

30102f

≪後ろからの画像≫

両端に施されたクジャクの羽根のような刺繍を、今回は上下に重ねるように出して結びました。

30102c

太鼓の膨らみを出す帯枕の役目を、結び目で補っています。

30102g

30102d

≪横からの画像≫

30102e

30102h

ターコイズカラーの素敵な帯を合わせることにより、エレガントにオシャレな着物コーディネートが完成しました。

帯の締め方及び、模様の部分(刺繍)の出し方は、自由にアレンジして創作して頂ければと思います。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

 

obi siffon(帯シフォン)ブラック

9時19分

オーガンジー刺繍の帯:obi siffon(シフォン)のブラック(黒)を、30105e

着物との合わせ方の参考にして頂けるように、麻着物とコーディネートして、いろんな角度から写真撮影しました。

30105IMG_8312

グレーの本麻近江ちぢみ夏着物にコーディネートしました。光沢のあるオーガンジーの生地なので、黒の帯がオシャレに映えて見えます。

≪前からの画像≫

30105e

前板(帯板)は、できる限り大きなタイプを使って頂けると、見栄えもいいです。

30105c

≪後ろからの画像:右側≫

両端を右側に上下長さを変えて出すように結んでいます。

30105a

≪後ろからの画像:右下から≫

30105h

≪後ろからの画像:左側≫

30105b

≪横からの画像≫

30105d

グレーの着物に、黒の帯をあわせて、モノトーンでおしゃれなコーディネートになりました。

刺繍柄の出し方、締め方及び結び方は、他にも色々と各自が自由に作って、楽しんで頂ければと思います。

気軽に短時間で締めることができるobi siffonの黒でした。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

 

 

obi siffon(帯シフォン)ワインレッド

2020年5月19日 15時51分

オリジナルブランドのオーガンジー刺繍の帯:obi siffon(シフォン)のワインレッドを使い、着物に合わせてみました。

30100e

3010030100a

黒の近江ちぢみ(麻着物)に、ワインレッドカラーが映える、おしゃれなコーディネートが完成しました。

≪前からの画像≫

IMG_8036 IMG_8038

前板(帯板)は、できる限り大きなタイプを使って頂けると、見栄えもいいです。

≪後ろからの画像≫

30100b

IMG_8035

こんな感じの締め方で

30100c

≪横からの画像≫

IMG_8039

IMG_8041

簡単で自由な締め方ができる帯:obi siffonのワインレッドを、着物に合わせた画像でご紹介させて頂きました。

暑くて出かけるのがつらい夏に、obi siffonをおすすめ致します。

現品の生地質など直接確かめたいという方は、ショールームに常設しておりますので、ショールームにお越し頂ければご覧いただけます。

ショールーム受付をしておりますので、お申し付けください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

« 前ページへ次ページへ »