男着物:新作の御召し「鳳雅御召」5色

2018年8月23日 9時42分

男の着物コーナーに新しい御召しの反物が加わりました。

織元は米沢織メーカー東匠猪俣さんです。

猪俣さんの御召しは今までも扱ってきて、沢山の男性ユーザー様にお求め頂いております。

「シワになりにくく、とても着やすいです」というような感想を頂いております。

そんな猪俣さん謹製で新しい御召し着尺がこちらです。

4006300a

細かなドットを地紋にして織り上げている光沢あるハイクオリティーな御召し「鳳雅御召」です。

4006301b

御召しはシワになりにくいと言われますが、シワが付かないということではありません。

特に男着物の御召しは茶道の着物として着られることが多く、正座をすると膝裏には必ずシワができます。そんなシワが少しでも出来ないように、考えに考え工夫を凝らして出来上がったのが本品です。

御召し特有の固さが無く、柔らかで優しい風合いの織上がりなので、着心地いいのは勿論ですが、本当にシワが付きにくいように織られているのが分かりました。

地模様を出して光沢でシワが目立ちにくくもしてあります。

4006301a

4006302a

4006303a

全5色がこちら ↓  ↓  ↓

■ 男着物:お召し【反物】 ≪猪俣謹製「鳳雅」銀鼠≫

4006300

■ 男着物:お召し【反物】 ≪猪俣謹製「鳳雅」青鼠≫

4006301

■ 男着物:お召し【反物】 ≪猪俣謹製「鳳雅」灰鼠≫

4006302

■ 男着物:お召し【反物】 ≪猪俣謹製「鳳雅」ベージュ≫ 

4006303

■ 男着物:お召し【反物】 ≪猪俣謹製「鳳雅」墨黒≫

4006304

以上の5色です。

優しい色目が4色で1色だけはシックな濃い色です。

袷にも単衣にもおすすめで、長着は勿論、羽織にされてもOKです。

4006300b

光沢で色の発色が凄くよく遠目にみても高級感が伝わってくる作品です。

4006302b

4006303b

4006304b

男物お召し鳳雅御召は京都wabitas【男の着物・長襦袢】着尺(お召し小紋)コーナーでご覧いただけます。

京都wabitasでは男の着物ユーザーを増やして男着物を広めるために沢山の品揃えで男物を取り扱っております。

サイトの商品は全て京都のショールームでご覧頂くことが出来ます。

ご来店に際してご予約が必要となりますので、ご希望の方は予約お申込みをお願い致します。

【ショールームのご予約についてはこちらをクリック】

着物通販の京都wabitas(ワビタス)

 

シボが魅力の特選小紋(反物)

2018年8月22日 18時10分

小紋やお召しなど反物専門に扱う着物通販サイト京都wabitasは、常に良質な生地を探し求めています。

サイトで新たに出している特選プレミアム小紋【柳美ちりめん】も、その一つです。

丹後の田勇機業さんから生まれたこの素晴らしい生地の特徴は、今までにない特徴のあるシボです。

古代など浜ちりめんに代表される鬼シボと言われてきたシボのある生地質とは全く異なるシボが、この生地にはあります。

触ってすぐにこの生地の素晴らしさを体感してしまいました。

凄く繊細というか、優しい風合いで、モチロン丈夫で、「この生地ならシワが付きにくい」と自信を持って言えそうです。

5007456b

 

この生地は毎年京都で開催される白生地求評会で、数年前に経済産業大臣賞を受賞した高級ちりめん地です。

経糸には最高級糸6A/緯糸も5A以上と、経緯共に最高級生糸を使用しています。

通常4A、良くても5Aの糸なので、6Aとなるとクオリティーが全然変わってきます。

画像を見てもらって分かるように、シボ立ちの感じが全然ちがい、良質な糸が光沢を生みシボが地紋のようにも見える感じで惚れ惚れする生地です。

そんな素晴らしい柳美ちりめんの生地を染めた小紋を、京都wabitasの小紋コーナーで取り扱っています。

折角素晴らしい質感を持った生地なので、素材感を活かすためシンプルな染色にしてあります。

一つは小柄で地空きの刺繍を入れた小紋、もう一つは花丸模様の柄を染めた共に上品な小紋です。

■ 特選プレミアム正絹小紋【柳美ちりめん】 ≪雪輪の刺繍:淡いブルー≫

5007455

細かい柄なので染物のようにも見えますが、実は刺繍で雪輪の柄を描いてます。

 

5007455a

 

見た目は色無地のような上品な地空きの小紋です。

5007455b

 

もう1色

■ 特選プレミアム正絹小紋【柳美ちりめん】 ≪雪輪の刺繍:優しい黄色≫

5007454

綺麗で上品な黄色が魅力的な小紋です。

これくらいの小さな刺繍ならお茶会でも着れるのではと思ってしまいそうですし、願いたいです。

もう一タイプは手描きにも見えるような、上品な配色で染め上げた花丸模様の京友禅です。

■ 特選プレミアム正絹小紋【柳美ちりめん】 ≪ピンクに花丸の摺り友禅≫

5007456

上品で落ち着いたピンクです

 

5007456a

 

もう一色は若草色の淡いグリーンです

■ 特選プレミアム正絹小紋【柳美ちりめん】 ≪若草色に花丸の摺り友禅≫

5007457

5007457a

5007457b

 

楊柳のようなシボの出方に似てる気もします。

5007457c

 

これだけのシボガある生地ですので、袷の着物にしても、裏地を外して単衣の着物にしても、どちらでもいい良質のちりめん小紋です。

しかし、この質感は言葉や画像では伝わらないのが残念です。

興味を持っていただけたら、是非現物を手に取っていただきたいと思います。

購入前に現品を見てみたいという方は、ショールームにはいつでも現品を見て頂けるようにご用意しております。

京都のショールームへ是非見に来て下さい。

7/14~7/16に開催が決定した祇園祭のきものファミリーセールでもご覧いただけます。

只今入場受付中です。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

北山杉夢幻染の単衣・夏着尺

12時21分

6月からは単衣の着こなし、7月中旬には盛夏の着こなしと、キモノの着こなし方が難しい時期になってきますが、着物通販サイト京都wabitasでは難しい単衣の着こなしを、出来る限りシンプルに通して着こなしていただけそうな反物を揃えております。

例えて言えば、絽ちりめん、タテ絽、薄物無地縮緬(さわやかちりめん)、薄物お召しなどです。

これらは6月~7月初旬や9月の単衣着物として主に扱われている素材です。

しかし、そんな単衣用の着尺を最近では6月~9月、もしくは5月~10月など、衣替えの単衣の時期から盛夏の時期も通して着こなされる方が増えています。

それは室内環境の変化によるものです。ハッキリ言うと室内はクーラーが効いて寒いくらい涼しいということです。

今回ご紹介する単衣用の反物は、京都wabitasのプライベートブランドのタテ絽の染物で、正に6月~9月向きな着尺です。

生地は五泉で織られた光沢あるタテ絽と絽ちりめんを使い、染めはミックスぼかしや、染め分けぼかしの涼し気な色を使い無地感の染ボカシ友禅にしてあります。

IMG_0654 IMG_0673

そして、更に涼しさを目で感じられるように薄っすらと雪景色のような模様を全体に染めてあります。

230961f

 

北山杉の模様を雪が積もっているように白の濃淡で幻想的な雪景色に見えるように染めてあり、凄く涼し気に見えます。

2309611c

このタテ絽の染着尺(着物用反物)は見え方に素敵な特徴があるんです。

画像で見せているのは柄がハッキリと分かるように角度を変えて撮影しているのですが、着物になって着姿を見るのは正面で見るはずです。

この北山杉夢幻染小紋は、正面から見たら殆ど柄が見えず、ボカシ染の色だけが見えるので、一見は涼し気なぼかしの染キモノに見えます。

しかし、まるで幻のように北山杉の模様が所々浮んで見えたりするので、凄く素敵な見え方をします。

【タテ絽の染め分け】

230962b

【絽ちりめんの横段ぼかし】

IMG_9567

 

真正面から見ると柄が見えず、少し上から下を見るようにすると模様が薄っすら浮かび上がり、更に角度を付けて見るとハッキリ模様が見えるようになっています。

着姿を想像すると、じっとして立っていれば余り模様は見えなかったりしますが、しゃがんだり、歩いたり動くと柄がさり気なく目に入ってくるような感じになるんです。

「柄が目立ちすぎると癖が強くなるのでイヤ」「柄が無いとシンプルすぎる」「無地に見えるけど実は柄がある着物が好き」そんな想いを持っておられる方にピッタリの無地小紋の友禅染です。

そんな染を高級五泉のタテ絽と絽ちりめんに染色した品を【単衣着物】コーナーで沢山揃えてみました。

絽ちりめんは三配色ございます。変り無地の生地なので、シボはそんなに高くなく着心地いい高級品です。

■ 単衣夏着物【正絹反物】絽ちりめん変わり無地 ≪北山杉夢幻染:黄緑青≫

IMG_9551

薄い寒色の緑~クリーム~ブルー~フジ色に変化するぼかしです

 

IMG_9874

五泉の絽ちりめん北山杉夢幻染:薄黄

IMG_9878

クリームの濃淡~薄ピンク

 

IMG_9567

単衣夏着物【正絹反物】絽ちりめん変わり無地 ≪北山杉夢幻染:鼠青黄≫

IMG_9876

 

綺麗な配色に北山杉模様がフワッと浮かび上がり上品な染めです。

 

IMG_9542

IMG_9556

IMG_9570

 

 

この変り無地の絽ちりめんは単衣の素材としても代表的ですが、タテ絽も単衣の着こなしに今まで使われてきた素材の一つです。

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:ライトブルー≫

230961c

寒色のブルーの単色に、模様も涼し気、正に単衣や夏に相応しい品と言える逸品です。

 

230961d

230961f

 

ちょっと濃い目のブルーも綺麗です

単衣夏【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:ブルー≫

2309611b

単衣夏【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:薄浅葱≫

230962b

 

優しい色も透明感あり涼しそうです

230962c

五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:淡いグレー≫ 寒いくらい涼し気なグレーの単色です

230971b

五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:ライトパープル≫

230970e

230970f

 

 

そして唯一少し暖色寄りなベージュ系も涼し気に染め上がってます。

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:クリーム≫

230965a

良い色のクリームに染め上がってます

 

230965d

 

ここまでは単色で左右に色が少しずつ変化していく染め分けボカシで、単色ですが実際は濃淡で色を数色変化させてあり、凄くセンスが必要な難しい染です。

次は染め分けでも左右色違いの染め分けボカシです

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:染め分け青に薄緑≫

IMG_0673

淡いブルーと淡いグリーンの染め分けです

 

IMG_0675

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:染め分け薄鼠に藤≫

IMG_0676

グレーと藤色の超寒色な組み合わせになっています。夏物はこれくらい地味で丁度いい清涼感が得られます。

 

IMG_0677

IMG_0679

 

ここまではタテの染め分けシリーズでした。残り3色は幻想的でチョットおしゃれなミックスぼかしになっています。

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:藤にブルー≫

IMG_0662

IMG_0667

 

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:ブルーラベンダー≫

IMG_0654

パステルな藤色を使ったラベンダーカラーのミックスぼかしです

 

IMG_0657

IMG_0660

■ 単衣夏着物【正絹反物】五泉タテ絽 ≪北山杉夢幻染:青緑にベージュ≫

IMG_0670

幻想的な色彩のミックスぼかしにフワッと浮かんだ北山杉模様が凄く素敵です

 

IMG_0672

 

タテ絽も変わり無地の絽ちりめんも共に絽の産地:新潟県五泉で織られた高級素材です。

6月から9月の単衣対策にご用意させて頂いたオリジナル商品です。

これらの反物は全て京都のショールームで現品をご覧いただくことができます。

また7/14~7/16に開催する祇園祭の着物ファミリーセールでもご覧頂くことができます。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

単衣の帯に米沢編み織八寸

2018年8月21日 8時38分

着物通販サイト京都wabitasの帯コーナーには、袋帯・半幅帯・夏帯・なごや帯・琉球の帯の5つのカテゴリーに分けたページでそれぞれご覧頂けるようになっています。

(夏帯や琉球の帯は全てなごや帯なのですが、別に区分けさせて頂いております)

その中でも特に品揃えが豊富なのが「なごや帯」です。

西陣織の九寸、米沢の八寸、丹後物、染めモノなど沢山の品揃えになっています。

そんな名古屋帯のコーナーに単衣の時季にお勧めしたい帯が幾つかありますが、今回取り上げるのが「和紙絹もじり」や「正絹もじり織」と題して売り出し中の正絹米沢手織八寸の帯です。

3001600

3001594

 

織の特徴は絹糸をまるで和紙のような風合いの糸にしているのと、編み物のように隙間を出した特殊な織上がりです。

3001602a

3001601a

3001596c

3001598b

3001594c

風合いも和紙織のようで締めやすそうなのと、凄く軽いので長時間締めていても疲れない点です。

戸谷優さんという米沢の織り師の方で、ワビタスでも以前からその素晴らしい作品を扱っています。

この帯は夏場にも締めて頂くことができる春~夏~秋のスリーシーズンにお使い頂ける帯です。

織の産地:米沢ならではの面白い織上がりは人気があり、紬や染着物など着物通な方々に好評です。

この夏から秋に変わる単衣の季節にワビタスでは、この戸谷優謹製の捩り八寸なごや帯を沢山品揃え致しました。

無地感の着物でも柄物の着物でも合わせることが出来るので、1本持っているだけで凄く重宝する帯です。

■ 手織りの八寸名古屋帯(仕立て代込) ≪戸屋優謹製:正絹もじり≫

格子の模様

3001602d

3001601c

 

3001601d

3001600a

3001600c

 

3001596d

 

3001599c

 

3001599d

 

斜め模様

3001594a

 

絣模様

3001598a

3001598b

3001595d

3001595c

 

そして1本だけ織に修正痕のある訳あり品があります。

こちらです ↓  ↓  ↓  ↓

■ 手織りの八寸名古屋帯「1ヶ所に織難あり」(仕立て込) ≪戸屋優謹製:和紙絹もじり「スリーシーズン対応」≫ 

3001597

織出しからすぐのところに1ヶ所織難を修正した箇所があります。

 

3001597a

 

ここです↓  ↓  ↓  ↓

3001597c

 

 

戸谷優謹製:米沢の手織り捩り正絹八寸の帯は、画像で見ているだけでは良さが分かりません、手に取って触って頂ければその織の良さや、面白さが分かって頂けると思います。

実物を見てみたいという方は、現品をご購入頂くか、京都のショールームに全て常設しておりますので、気軽に見に来て下さい。

ネット通販の京都wabitasならではの特別設定価格で常にご提供させて頂きます。

着物通販の京都wabitas(ワビタス)

長井綾織まるまなこ:長岡正幸謹製

2018年8月17日 10時44分

山形県、出羽の国:長井にある長岡織物さんで織られる反物は凄く品質が良いということですので、京都ワビタスでも幾つかの着尺(反物)を取り扱ってきました。

置賜紬の伝統工芸士:長岡正幸さんの作品は、米沢の織物や白鷹織の着尺などと比べても引けを取らないハイクオリティーな作品が多いです。

米沢織、白鷹織、黄八丈などの織物は手織りも自動織機で織り上げた品にしても凄く高価ですが、長岡さんの作品はクオリティーは引けを取らないにもかかわらず、比較的リーズナブルでもあります。

着物通販サイト京都(ワビタス)では、そんな長岡織物さん謹製の「長井綾織」を京都のメーカーを通して、幾つか誂えて織って頂きました。

その一つが「長井綾織:まるまなこ」です。

230722c

黄八丈の代名詞「まるまなこ」を織り上げた無地感のハイセンスな反物です。

黄八丈のまるまなこは伝統工芸品でもあり凄く高価で、なかなか一般の方ではお求めしにくい品ですが、比較的リーズナブルに織り上げることができました。

そして、着物ネット通販ならではのお求めやすい設定でワビタスのサイトで取り扱いさせて頂きました。

色も上品な色にシックな濃い黒系の反物までございます。

■ 長岡織物謹製:長井綾紬 ≪ベージュのまるまなこ≫ 

230722

まるまなこの模様が光沢でキレイに浮かび上がり、それを邪魔しないように縞に織ってある無地感の織です。

230722a

このように遠目には無地のように見えて、お召しのようにも見られがちな高級着尺です。

230722d

■ 長岡織物謹製:長井綾織 ≪墨黒のまるまなこ≫

230742

黒になると雰囲気がガラッと変わりシックで粋な着尺になります。

230742b

黄八丈と並べても見分けがつきにくいハイクオリティーな仕上がりです。

230742a

寒色系も素敵です ↓  ↓  ↓

■ 長岡織物謹製:長井綾織 ≪ブルーグレーのまるまなこ≫

230740

落ち着きある素敵な色になっていて、グレー系なのに全く地味な感じが無く年齢の幅も広がります。

230740a

230740b

■ 長岡織物謹製:長井綾織 ≪利休鼠のまるまなこ≫

230741

オフホワイトのような白っぽい色も、織物ならではの「上品に粋」という言葉がピッタリ当てはまる織上がりです。

230741a

この「長井綾織まるまなこ」は、見た目だけでなく風合いなど触感も素晴らしいです。

着心地いいこと間違いナシの逸品です。

紬ではカジュアルすぎる、お召しでは重すぎる、色無地などの後染の柔らかモノよりも先染織物が欲しい、そんな織物をお探しの方におすすめできる反物です。

京都wabitasでは、長井綾織を今後も取り揃えていきたいと思います。

この長井綾織やサイトにある他の反物を見てみたいという方は、「ショールーム」へお越し下さい。

京町屋の中に反物を全て揃えてご覧頂けるように、ご用意させて頂いております。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

 

夏の半幅帯:博多織の紗

2018年8月10日 8時09分

夏の帯「博多織の紗四寸」を即お使い頂けるように端の篝加工をしてご用意させて頂きました。

3004206a

■ 本場筑前博多織紗夏帯【涼】加茂博多織謹製 ≪半幅四寸紗:山吹 ≫

「即ご使用できます」

3004205

■ 本場筑前博多織紗夏帯【涼】井上絹織(株)謹製 ≪半幅四寸紗:麻縹≫ 

 

3004208

■ 本場筑前博多織紗夏帯【涼】井上絹織(株)謹製 ≪半幅四寸紗:桜ピンク≫

3004207

 

■ 本場筑前博多織紗夏帯【涼】井上絹織(株)謹製 ≪半幅四寸紗:薄カラシ色≫

3004209

 

■ 本場筑前博多織紗夏帯【涼】井上絹織(株)謹製 ≪半幅四寸紗:藤紫≫

3004210

 

■ 本場筑前博多織紗夏帯【涼】加茂博多織謹製 ≪半幅四寸紗:生成り≫ 

3004206

博多織ならではのシャキッとした織上がりの紗の半幅帯は、1本持っておくと夏場に重宝する帯です。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

8/11~8/19までは夏季休業となります。その間に頂きましたご注文品は8/21からの発送となります。

 

猫に小判の京友禅長襦袢「少々難あり」B反アウトレットセール

2018年8月3日 18時04分

正絹長襦袢のオシャレ用コーナーでは、可愛い猫の柄を染めた遊び心溢れる特選京友禅長襦袢の「少々難あり」のB反お値打ち品を、お求めやすく揃えてあります。

【柄・模様】

夜中に泥棒に扮した猫が小判を盗んで屋敷の瓦屋根を伝って逃げている可愛い模様です。

21895b

泥棒の定番でもある唐草模様の風呂敷に小判を詰めて背負っているのですが、小判が溢れ落ちる様子を凄く可愛く描いてあります。

そんな模様を長襦袢の生地に上手く染め上げてあるのですが、タテに半分を瓦屋根の模様で半分を月夜の夜空の模様を染めている昼夜染になっています。

21894

着物の下に隠れてチラッとしか見えない長襦袢だからこそ、これだけの遊び心溢れる柄を大胆に染め出すことが出来ました。

染めは型友禅による技法を用いた京友禅染です。

猫の模様、風呂敷の模様、瓦屋根の模様、夜空や月の模様などを型を代えて1色づつ染職人が染め上げていきます。

しかしながら、これだけ素晴らしい模様を染め上げたにも拘わらず、染色中なのか最終工程の蒸しの段階なのか分からないのですが、沢山の染の難物が出来てしまいました。

凄く残念なのですが出来上がった反物全て染め直しが出来ないのでB反処分販売ということになりました。

色は全4色あり、それぞれが凄く良い配色です。

長襦袢:猫に小判「藤紫に藍紺」(B反) 

21892b

長襦袢:猫に小判「渋い赤ピンクにパープル 」(B反)

 

21893a

 

長襦袢:猫に小判「銀鼠に群青」(B反)

21894b

 

長襦袢:猫に小判「ベージュに墨紺 」(B反)

21895

 

残念なのですが、B反の原因となった箇所はこんな感じです。

21892c

主に夜空を描いた無地場に、染めシミや染ムラ、染擦れ、変色など色々あります。

21893b

21894a

21895a

 

染め出したロット分が全部ダメで沢山の数が各色であります。

本来の正規品の価格を度返しした大処分価格のお値打ち長襦袢です。

猫好きで「長襦袢はB反でOK」という方には凄くお値打ちな長襦袢になりました。

21892

大島や紬にアンティーク着物などカジュアルな着物の下におすすめです。

21893

 

この特選京友禅「猫に小判」の長襦袢B反品は、京都wabitasの長襦袢おしゃれ用コーナーでお求めいただけます。

難物の具合や現品を見てみたいという方は、ショールームに全て置いてありますので、是非見に来て下さい。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

「買い物七緒」に掲載中の夏帯:麻の無地

2018年7月2日 8時12分

人気の着物雑誌:七緒の通販本「買い物七緒」が5月21日に発売されました。

IMG_1038

 

今回も凄く内容が充実していて、小物・肌着・着物・帯・長襦袢など豊富に掲載されています。

着物を着慣れた方~初心者の方まで、結構役にたつ内容になってますね。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)からも袋帯・長襦袢・麻着物・夏帯と、数点商品が掲載されています。

IMG_1040

IMG_1046

その中の夏帯がこちらです

IMG_1042

単衣の着物や夏着物に浴衣などに合わせて締めることができる、麻と綿で無地に織り上げた八寸の涼し気な帯です。

色は三色

七緒:ラムネ

IMG_1045

 

【wabitasのサイト】↓  ↓  ↓

■ 綿麻八寸名古屋帯:ラムネブルー

900882g

 

七緒:ナデシコ

IMG_1044

【wabitasのサイト】↓  ↓  ↓

■ 綿麻八寸名古屋帯:ピンク

900881a

 

七緒:ミント

 

IMG_1043

 

【wabitasのサイト】↓  ↓  ↓

■ 綿麻八寸名古屋帯:薄緑

900883a

 

以上の三色です。

原産地は麻の産地:滋賀県(近江)です。

無地織ですが、夏にも使えるようにメッシュ風で風通りが良く、太めの糸で織った強い紗のような独特の織上がりになっています。

何よりも無地なので、柄物の着物や無地感の着物に浴衣にも合わせやすいので、凄く重宝する帯と考えて貰って大丈夫です。

帯留めなどでコーディネートがアレンジできるので、様々な楽しみ方が出来る帯です。

夏場だけでなく、6月や9月など単衣着物にも合わせていただいて大丈夫です。

「買い物七緒」まだ買って織られない方は、書店へ急いで下さいね(*^-^*)

七緒さんは着物を着る方のためのことを凄く考えておられるのが良く分かります。

これからも取り上げていただけるような品を考えて創っていきたいと思います。

「買い物七緒」凄く価値ある着物通販雑誌です。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

≪7/14~16京都で祇園祭きものファミリーセール開催:入場受付中≫

夏の襦袢に本麻リネン汗取り付き半襦袢が完成

2018年7月1日 10時30分

着物通販の京都wabitasでは麻の肌着類が毎夏大好評で沢山のユーザー様からお求めいただけます。

昨年大ヒットの本麻汗取り肌着は、茶道を主宰されている先生や生徒さん、京都西陣にある高級料亭の女将さんなど、夏に着物を着られることが多い方々に実際に使って頂いて大絶賛をいただいて夏のヒット商品になりました。

そんな汗取り肌着を買われて使われたユーザー様から、こんなご要望を頂きました。

夏は暑いのであまり重ねて着物を着たくないという要望で「襦袢1枚着てその上に着物が着れると嬉しい」「この汗取り肌着のような襦袢が欲しい」ということでした。

そんなご要望から生まれたのがこの本麻の半襦袢です。

■ 本麻リネン汗取り半襦袢(麻絽の半衿付き) ≪洗える麻わた付Mサイズ≫ 

IMG_0756

そして

■ 本麻リネン汗取り半襦袢(麻絽の半衿付き) ≪洗える麻わた付Lサイズ≫ 

IMG_0755

共に麻絽の半衿を付けてあるので、このまま上に着物を着ていただけます。

350

襦袢1枚だけだと汗が着物に付くのが心配だと思います。しかし、この半襦袢は肌着と同じように汗取りの麻綿が背中・両胸・両脇・腰裏に縫い付けてあるので、汗が着物に付かないように防いでくれます。

IMG_0753

両胸に麻綿があるのでブラジャーが不要です。両脇にも脇汗を防ぐように麻綿が付いてます。

IMG_0754

一番汗が流れる背中と帯の締まる部分:腰裏にこれだけの麻綿を付けてます。

IMG_0758

しかし、人によって汗の多く出る所が異なったり、麻綿で含み切れない大量の汗だけは防ぎようがありませんが、多少の汗を防いでくれます。

麻の素材は肌に優しいリネンを使用しているので、肌着同様にチクチク肌を刺すような感触はありません。サラリとして着心地いい生地です。

夏場のお茶会や食事など御呼ばれ会などに着物を着て行かれる時は、この半襦袢を着て着物を着るだけで夏の着こなしが完成します。

半襦袢なので、下はどうすればいいかというと、同じ素材で作った本麻リネンのキュロットを履いて頂ければいいです。

IMG_0750

モチロンお持ちのステテコ式下ばきや、裾除けなど自由な着まわし方でいいのです。

≪本麻リネンの半襦袢とリネンのキュロット≫

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

IMG_0760

麻は天然繊維の中でダントツに接触冷感が強く、盛夏の和服に適した素材です。吸収性にも優れ乾きも早いので正に夏の衣類に適合する繊維です。

着物は重ね着なので、暑さはどうしてもしのぎ切れませんが、不快感を抑えて少しでも快適に着物を着こなしていただけるような想いで開発した襦袢で、着物を着られる方のために少しでもお役にたてるように産地の素材メーカー・縫製工場・京都wabitasが一緒になって創作した逸品です。

是非一度ご着用していただき、感想やご意見ご要望をお聞かせ願います。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

本麻汗取り和装肌着2018年版

2018年6月30日 18時18分

毎年改良を加えることにより年々需要が増えて大好評の本麻リネンで作った汗取り和装肌着の2018年版が出来上がりました。

■ 本麻リネン汗取り肌着「2018年版」≪洗える麻わた付Mサイズ≫

IMG_0042

 

西陣京料理の料亭の女将さんがお仕事中に、また茶道の先生及び生徒さんがお茶会の時に使われて、大絶賛だった2017年版の汗取り肌着

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

IMG_2633

これを縫製工場を変えて少し改良して出来上がったのが2018年版です。

2017年版は胸元が大きく曲線で開いてますが、

IMG_2634

それを少し閉じた感じで改良しました。

(上の画像は2017年版、現在Lサイズのみ)

IMG_0049

腰ひもは後ろにとじて前で結ぶようになっています。

IMG_0047

汗取り効果に優れた麻綿パットの配置は2017年版とほぼ同じ付け方です。

IMG_2792

両胸にも麻綿が付いてるので、ブラジャーが不要です。そして背中から腰裏にかけて大胆に付いてます。

それに嬉しいのが両脇です。

IMG_2793

 

汗が気になる箇所を厳選して麻綿が付けてあります。

麻綿の素材はラミーを使ってますが、肌着全体の生地はリネンの肌に優しい麻を使っているので、ラミーのように少しチクチクする感じはありません。

着た時は麻独特の冷んやりとした冷感があり、肌にも優しいので着心地良い和装肌着です。

夏に浴衣や着物を着て出かける際に、この汗取り肌着を着ていただければ、汗ばみ不快感の残る真夏を少し快適に過ごして頂けます。

京都のワビタスの【麻の肌着類】のページでは、天然繊維の本麻で作った天然の機能性肌着類が揃えてあります。

アシベ織の汗取り肌着より涼しく快適な本麻リネンの汗取り肌着をおすすめいたします。

着物通販サイト京都wabitas

« 前ページへ次ページへ »