Archive for the '春' Category

2017年葵祭 第62代斎王代決定!

2017年4月13日 15時29分

京都では三大祭りの一つである「葵祭」が5月にあります。

4月11日には第62代斎王代に同士社大学2年の富田紗代さんが決まりTVニュースでも取り上げられていました。

第62代斎王代に選ばれた富田紗代さん=11日午後、京都市上京区

 

とても和服がお似合いな京都女性で、着物文化を支える京都の葵祭りを盛り上げてくれそうです。

お姉さん二人も女人列に参加されるということで、3姉妹揃っての参加だそうです。

 

斎王代は、かつて神社に仕えた未婚の内親王「斎王」の代理。京都にゆかりのある未婚女性から選ばれ、葵祭当日の行列では十二単姿で輿(こし)に乗るということで、祇園祭のお稚児さんとは違い、女性が主役のヒロインを飾る華やかな形で歴史を語れるお祭りです。

祇園祭ほどの派手さはないですが、日本全国からはモチロン、世界各国の京都好き、歴史好きな方々など沢山の方々が葵祭りを見に来られます。

当日の天候が最高の日本晴れになることを願うばかりです。

そんな葵祭りのある京都で、5月12日(金)から14日(日)の3日間、京都の着物メーカーさんと共同でファミリーセールを開催します。

例年ですと祇園祭の7月に開催するのですが、今回から初めて5月に開催いたします。

初めての開催ということもあり、例年以上にドキドキ、わくわくしています。

夏物(正絹反物・本麻反物)の着物や長襦袢を中心に、メーカーやワビタスにしかないオリジナル商品や訳ありお値打ち品なども含めてご覧いただけます。

今年は近畿の梅雨入りが6月7日ごろとのことですので、梅雨入り前や暑くなる前に夏物を準備したいですね。

▼▼詳しくはこちらをご覧ください▼▼

葵祭りのある5月に京都で着物メーカーのファミリーセール開催

ファミリーセールは会員様以外の方でも、もちろんご来場いただけます。

電話【075-342-2088】またはお問い合わせフォームから住所氏名そして「5月のファミリーセール参加希望」と記入していただき、お申込みください。ただいま申込受付中です。

見るだけというわけにはいかないなぁ…
絶対に買わないといけないのよねぇ…なんてことは、あ・り・ま・せ・ん!!!

気軽に見て頂ける雰囲気の楽しい催事ですので、期間中に京都へお越しになる予定がある方は、お時間ございましたら気軽にお立ち寄りください。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)

ながじゅばんコレクション?京友禅染め:十二支

2009年11月7日 12時13分

ながじゅばんコレクションの中で、本日ご紹介する柄は干支の柄が小紋となり可愛く表現された京友禅染めの逸品です。

反物でみていても柄は長襦袢らしく小さな友禅で分かりにくいですが12柄それぞれ個性のある友禅になっているんです。

ではご覧ください。(柄は拡大してますので一部見にくい部分がありますご了承ください)

  ねずみ                     うし

5.jpg  .jpg

  とら                      たつ

7.jpg  a.jpg

  へび                      うさぎ

oo.jpg  yyuyc.jpg

  とり                      うま

9.jpg  2.jpg

  いのしし                   ひつじ

3.jpg  1.jpg

   さる                     いぬ

01.jpg  c.jpg

どうですか、それぞれ可愛くておしゃれな友禅です。あと約50日もすればお正月です。

お正月に縁起のいい干支のお洒落長襦袢を下にきて、着物でお出掛けなんてどうでしょうか。

以上です。

 

単衣の長襦袢が好評

2009年8月4日 17時46分

昨日・今日と京都の天気は雨も少し降りましたが、朝から快晴で猛暑でした。

毎年異常気象で猛暑の年が続いてましたが、今年は冷夏になるのではと天気予報で・・・・・・

暑いのが苦手な私としては非常にうれしいことです。<早く秋がきてー>

7月、8月とは真夏用の薄物の着物や浴衣が主ですが、6月、9月は単衣物です(例年の異常気象なら5月・10月でも単衣ですよね)

麻の長襦袢もいいんですが、今年は正絹の単衣の長襦袢が好評でした。

着物愛好家のみなさんにとって単衣の長襦袢は探していた逸品なんでしょうね、

これからも良品でお値打ちなものを探し出品させていただきます。

http://www.wabitas.com/bizop/product.php?mode=normal&cn=%E9%95%B7%E8%A5%A6%E8%A2%A2%E5%8D%98%E8%A1%A3%E5%B0%82%E7%94%A8&c=131&t=50000505

    市松柄の正絹紋紗の単衣長襦袢

500005051.jpg

 (京手縫い仕立てなら9月には間に合います)

 

以上です

京都wabitas(ワビタス)

花冷え・・・山には雪

2009年4月2日 18時01分

本当に今日は寒いですね。出勤の時、なんと山は雪で白くなっていました。

下には桜、上には雪と全く違う景色ですが、それはそれで良い眺めでした。

この寒さのおかげで、今年はいつもよりも長い期間、桜の花をみることができそうですが、

やっぱり寒いですね。四月に入って気持ち良い春の陽気が待ちどうしいこの頃です。

雪が降ったので今日は雪輪の小紋を1点追加出品しました。

小紋 商品一覧の1ページに本日出品です。

春の京都 桜と舞妓は?ん

2009年3月23日 14時17分

22日(日)天気は悪かったのですが着物をきて京都市の岡崎に行きました。着物を着ている人は地下鉄が無料で乗る事ができ得をしました。

岡崎は所々桜が咲いていてまだ5分咲きなのに皆さん写真を撮っておられたので私もついつい一枚 カシャッ 。

みやこメッセ(展示場)では西陣織大会・京手描友禅作品展を開催中で、沢山の帯やお召の着物など西陣の機屋さんの力作商品がズラリと陳列されていました。併設して染織作家の方々の手描友禅の着物が陳列されていて、両方とも入場無料でしたのでそれも得をした気分でした。

帰りかけた時にトークショーで出演予定の上七軒の芸子さん 梅嘉さん とばったり出くわしました。私が着物を着ていたからか目が合ってしまい、あまりの美しさに見惚れてしまいました。

女将さんと一緒でしたので真正面の写真は撮れず後ろ姿を一枚 カシャッ 。 桜と綺麗な芸子さんを見ることができ着物を着ていて得をした一日でした。

 

桜
梅嘉

 

京都wabitas(ワビタス)

たん笥の中の着物

2009年3月18日 14時47分

今週は卒業式や卒園式が各地で行われると思いますが、我が家も娘が卒園

 又、4月には入学式があるので、嫁が着物を着ていくというのでタンス中の着物を出してみると素敵な着物や羽織が沢山しまわれていました。殆どが母親から譲り受けたものですがタンスに眠らせておくには勿体ないものばかりです。今週この春の陽気が続けば京都でも桜が開花するかもしれません、京都では 伝統産業の日2009 というパンフレットを配り、着物を着ていると色々な特典が付きますから週末の3連休には着物で出かけてみようと思ってます。
小紋       aaae090318_06220001.jpg

京都wabitas(ワビタス)

幻想的な琵琶湖の夜

2009年3月16日 12時36分

3月14日に滋賀県大津市(琵琶湖湖岸)で行われたヨシのたいまつ点火式に行きました。

先着15組が点火することが出来、18時受付開始でしたので早目に行ったところ先着2番に受付ができ、点火することが出来ました。

19時に点火が始まり夜の湖に幾つもの火柱が燃え上がりとても幻想的で綺麗でした。

この行事は琵琶湖開きの行事の一つで、湖をキレイに守っていこうという願いがあるそうです。

今年は自慢の着物を着て湖岸を散歩したり、花火を見に行ったりしようかと思いがふくらみました。

 

aaae090314_19010002.jpg

 

京都wabitas(ワビタス)

いよいよ

2009年3月12日 18時10分

「東山 花灯路」が、いよいよ明日からはじまりますね。

残念ながら予報では、雨模様(-_-)少し人出が少ないかも知れませんが、雨の東山もなかなか風情があってよろしいですよ。

開催期間は来週までですので、余裕がありますが、来れる方はいろいろ計画を立てて、春の京都をお楽しみ下さい。

京都wabitas(ワビタス)

花粉

2009年3月11日 15時40分

春になると、ウキウキした気分になるのですが…

気分を悩ますものも、

そう!「花粉症!!」です。風が強い時などは最悪!花粉が目に見えるぐらい飛び回っております。

急に「クシュン、クシュン。」とはじまりだすと止まりません。

この症状に悩まされるのも、この3年間ほどで、それまでは全くどうもなかったのですが…

京都は盆地のせいか、四方を山に囲まれているためか、花粉が滞留しやすいのかも? ?

せっかく待ちに待った春到来!花粉に悩まされても、頑張って京都を見て回ります!

日本の四季を楽しまないと!

京都wabitas(ワビタス)

日本の色

2009年3月10日 14時49分

今日の京都は風が少し有るもののポカポカ陽気のイイ天気です。花粉ももの凄く飛んでいる様で普段花粉症じゃない私も今日はなんだか鼻むずむず目イガイガな感じです。そんな京都でもふと桜の木に目をやるとつぼみがふっくらとしている様な今年の開花予想は昨年よりも早い3月25日だそうです。今年は満開の桜の下、入学式にお花見と楽しみです。
今日はそんな春の花『桜』の付く日本の色の紹介です。その名もズバリ「さくらいろ」です。

さくらいろ

さくらいろ…紅染の中で一番淡い色で、満開の桜の花のようなペールピンクの事です。最近は桜というとソメイヨシノを思い浮かべますが、この「さくらいろ」が使われるようになった平安時代は桜と言えば山桜でした。山桜は赤い若葉と白っぽい花が咲くのでそれを遠くからみると淡いピンクの「さくらいろ」に見えたのでしょうね。

京都wabitas(ワビタス)

次ページへ »