本麻リネンのキュロット:和装下ばき

2018年5月31日 0時30分

着物通販サイト京都wabitasの【麻の襦袢・肌着類】からリネン(麻)の和装下ばきキュロットが出ました。

夏に和服の下着としてお使い頂けるようにチクチクしない肌に優しい麻:リネンを選び一から作りました。

■ 本麻リネンのキュロット (婦人用下ばき) ≪リネン「2018年の新作」≫

IMG_0750

夏に和服を着る時は、少しでも暑さしのぎで快適に着こなしたいものですが、ワビタスでは麻素材の扱いを年々増やす計画で製作してきました。

このキュロットもその一つです。

今までは世間でもよくある手もみ楊柳のようなシボのある麻(ラミー)で作られたステテコ式下ばきを扱ってきました。

↓  ↓  ↓  ↓ ≪ラミーの揉み加工の楊柳風の生地≫

220618r

 

ラミーは和装製品に適した素材ですが、唯一の悩みがシャリ感があって毛羽立ちで肌をチクチクと刺すような感触があることです。男性のように肌が少し強くシャリ感が強い方がいいという方には向くのですが、女性の肌着として扱った時に、「このチクチク感がイヤ」というご意見をよく聞きます。その反面リネンは少し柔らかな感触がある麻素材で、絹や綿にちかい触感があので肌に触れることが多い下着や肌着に適した麻素材です。洋装(アパレル)の素材としても扱われることが多い素材です。

↓  ↓  ↓  ↓ ≪リネンの生地≫

IMG_0751

 

【肌着に適したリネンの特徴】━━━━━━━━━━━━
・風合いは、しなやかで綿や絹に近い感じの優しい風合いです
・涼感があり、ソフトで爽やか
・水分の吸収・発汗性に優れチクチク肌を刺すことはない優しい生地
・洗濯機で洗ったり、ボイルしても痛まず汚れが落ちやすい
・洗えば洗うほど綺麗になり履き心地も良くなる

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

同じ麻でも着物や帯などに適したラミー、肌着・下着に適したリネンを京都wabitasでは様々な品に使い分けています。

揉み加工をせずにリネンの素材感そのままのサラリとした風合いの平織生地を使い、ステテコ風に作った下ばきキュロットです。

IMG_0752

 

サイズはMサイズとLサイズの2サイズをご用意いたしました。

上には半襦袢を着て、下にこのキュロットを履いて着物を着るのもありですし、このキュロットを履いて長襦袢を着て着物を着る着方もありです。

麻素材の肌着類はは5月~10月にかけての汗ばむ季節には欠かせないアイテムです。

京都wabitasでは麻の着物・帯・足袋・肌着類・襦袢など和装製品に加え、多目的ブランケットや寝装品まで揃えております。

本品を含めてサイトの品は、京都のショールームでもご覧頂けますし、その場でお求め頂くことも出来ます。

着物通販サイト京都wabitas(ワビタス)