男角帯:正絹黄金繭使用

商品画像1
商品画像2
商品画像3
各画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。 
※商品の着姿画像はイメージです。実際の商品とは柄の出方や色合いが異なる場合がございます。

■ 男角帯:正絹黄金繭使用 ≪みちのく織:漆黒に金≫ - 4004101¥17,280(税込)

織物の産地:山形県米沢織のオシャレで粋な男物正絹角帯です。

男物の産地でもある米沢で織り上げられた:みちのく織黄金繭糸を絡めたオシャレな帯です。

黄金の繭は、昔は突然変異でたまに発見されることがあったというが、こちらは交配を重ねてできた黄色の繭からひいた糸を使っています。

画像にも見えるように何色かの糸の中に黄色の糸が見えますが、それが黄金繭からとれた糸です。

色の組み合わせは、落ち着きのある黒と金や藤グレーに茶の糸を網代のように組み合わせ織り上げています。

本品は米沢の齋英織物謹製の商品です。

バランスのとれた綺麗な織上がりの粋な角帯です。

素材 絹100% 
製織地 日本(山形県米沢市 齋英織物) 
染色地  
生地 先染織角帯【長さ4.1m以上】 
種類  
 
金と黒と藤グレーの組み合わせ 
数量

当商品は無料記事見本をご用意しております。

当商品の無料生地見本をお申し込みいただくには、下記ボタンよりログインまたは京都wabitasへの会員登録(登録費、年会費無料)を行っていただく必要がございます。
詳しくは無料生地見本ページをご覧ください。

無料生地見本
ページトップへ