牛首紬:加藤改石謹製「素材の良さそのままに」

商品画像1
商品画像2
商品画像3
各画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。 
※商品の着姿画像はイメージです。実際の商品とは柄の出方や色合いが異なる場合がございます。

■ 牛首紬:加藤改石謹製「素材の良さそのままに」 ≪色無地:淡い鶯色誂え染≫ - 340012¥259,200(税込)

無形文化財指定の加藤改石謹製の牛首紬を、素材の良さそのままに感じて頂きたく、シンプルに無地染した贅沢な無地紬の誂え品です。

釘抜き紬と言われるほど打ち込みが強くしっかりとした、正真正銘の手織り牛首紬を無地染しました。
(本品は加藤織業場で製織された手織り品を使っております。白山工房の紬ではありません)

2000年に「きもの文化賞」を受賞され、90歳を超えてなおも現役の加藤改石さん謹製の伝統製法は、養蚕の段階から始まり糸作りから織り上げまで、全て拘りの製法です。

たて糸(単繭)・よこ糸(玉繭)共にこだわりの糸です。特に玉繭は千個に四個の割合でしか取れない、大変貴重な繭からとった糸を使っています。

そんな糸を、改石さんが行う「かせねり」という練と、「糸はたき」という熟練の技を必要とされる工程を経て、手織りによる機織りで反物が織上がります。

「釘抜き紬」と云われる強さは、この「糸はたき」から生まれます。

加藤織業場で生まれる牛首紬は、年間たったの250反程しか織り上げることが出来ません。
そんな伝統の加藤改石謹製の紬を使い、厳選した上品な色に無地染致しました。

癖がなく紬の素材感を最も感じられるのが無地染です。
色は淡い鶯色で、上品な色を、きものスタイリストさんに選んでいただきました。

普段着のキモノとしてカジュアルな着こなしや、入学式など少し改まったところには上品な帯を合わせて軽い略礼装な着こなしなど、その場に合わせた着こなしが出来る、贅沢な生地の最高級紬の色無地着尺です。

現品1点限りの誂え品です。

素材 絹100% 
製織地 日本(石川県白山市:加藤織業場) 
染色地 日本(京都) 
生地 無形文化財指定加藤改石謹製牛首紬【長さ13m幅38cm】 
種類 無地染 
無地 
淡い鶯色 
数量

当商品は無料記事見本をご用意しております。

当商品の無料生地見本をお申し込みいただくには、下記ボタンよりログインまたは京都wabitasへの会員登録(登録費、年会費無料)を行っていただく必要がございます。
詳しくは無料生地見本ページをご覧ください。

無料生地見本
ページトップへ